光脱毛の仕組み

結婚式や海水浴、温泉に行くなどの目的に合わせ、ワキの光脱毛を受けたいと検討されている方は多いのではないでしょうか。しかし、光脱毛を一度も受けた事がない方にとって、どのような仕組みなのか、痛くないのか、といったその詳細が気になると思います。

光脱毛は「IPL」と言われる波長を基準としたものが使われます。これはメラニン色素という毛根に含まれている部分に働きかける特徴があるのです。特殊な光をムダ毛部分に照射する事で、毛根部分の組織を破壊し、毛の再生率を大幅に下げるというのが、光脱毛の大まかな仕組みです。

メラニン色素を破壊すると聞くと、痛みのではないかと心配になると思います。光脱毛は、医療脱毛で使われるレーザーに比較し、出力が低い特徴があります。施術の際の感覚には個人差があるものの、光脱毛の場合は「少し暖かい程度」「チクチクする感覚」といったように、さほど強い痛みを訴える例は多くありません。

さらに、光脱毛は広範囲に特殊な光を照射するもののため、短い施術時間で済む特徴があります。店舗によって異なる部分ではあるものの、ワキ脱毛の施術時間だけでは10分程度という事が多いです。その他にカウンセリングや受付、アフターケアの時間なども含まれるため、トータルすると30分以上かかると考えて良いでしょう。